判断力を身に着けろ:速攻バスケの奥深さ

戦術

今回は戦術シリーズとして、速攻についてお話をします。

  • 速攻がうまくできない
  • ポイントガードとして何を注意して
  • どのようなスキルを高めるとよいのか
  • また、そのトレーニング方法は?

など、セカンドガードからポイントガードにコンバートしたときに気になる疑問について、私のポイントガードでの経験を元にご説明をします。

私自身の経験から実力が飛躍的に向上したと感じたトレーニング方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

速攻をリードするポイントガードのプレーについて

ハーフコートオフェンスでは、ポイントガードのリーダーシップが重要ですが、チームで速攻をだして得点に結びつけるにも、ポイントガードのプレーが非常に重要になります。

速攻を出すための動きに加えて、速攻を出せるかどうか、ハーフコートに入ってからそのまま攻めきるのか、アーリーオフェンスを選択するのか、ハーフコートオフェンスにするのかの判断もポイントガードがしっかりコミュニケーションをとってチームをリードしたいです。

最近はオールラウンダーの選手が増えている印象です。オールラウンダーの選手はディフェンスリバウンドをとったあとパスアウトせずにそのまま中央をドリブルしてポイントガードのような役割をできます。

最近は身長が高いオールラウンダーが多いです

そういった選手が味方にいれば、ポイントガードだからといってボールをもらうプレイを必ず選択するのではなく、ウイングとしてサイドをいち早く走るなど柔軟にプレーできればベストです。

まずは速攻を出すためにポイントガードとして、私が気をつけている内容として、2点あります

  • 視野の確保
  • 3線をつくること

それぞれ順番に説明していきます。

視野の確保

良い速攻を出して攻撃をするためには、ポイントガードとしてまず意識したいのは、視野の確保です。

より早く、よりノーマークのレイアップにつながるような速攻をクリエイトしたいので、そのためにはポイントガードがコート全体をしっかりと見通して、味方の位置と相手ディフェンスとの位置関係を把握し適切な判断をすることが重要となります。

視野の確保のために、よく言われるのは首を振ることですよね。とくに私がポイントガードとして重要で身につけておいたほうがよいと考えるのは、リバウンダーからボールを受けるときの動きです。

私の場合は、一度サイドアウトに開いた状態からリバウンダーに近づきパスを受けるときに、大きくU字を描いてボールもらうようにしています。

簡単にできるので、ぜひやってみて

つまり、一旦自分たちのゴールから逆方向に向かい、そこから方向転換をしたタイミングでボールをもらうようにします。
こうすることで身体の向きが自分たちのゴール側にむくので、首を振るという動きを意識せずに視野の確保ができます

首を振るとその瞬間はボールから目を離すことになるので、パスの出し手とのタイミングによっては、ミスになる可能性もありますが、U字を描く動きを入れることで、味方もパスを出しやすいようです。

私も練習からこの動きを取り入れていると、リバウンドをとった味方から後で、「その動きをしてくれるとパスをしやすい」と言ってもらえました。

パス出しやすいね!

ですので、ポイントガードも視野を確保しやすく、味方もパスを出しやすい上にターンオーバーをしにくいということで、良いことづくしですね。

2点目は3線をつくることが重要だと考えています。

3線をつくること

リバウンドを奪ってから、早くボールを自分たちのゴールまで持っていくことが速攻のキーになると思われるかもしれませんが、私の考えでは少し違います。

とにかく早く運べばいいのでは?

例えば早いけれど2人で速攻をする場合と、3人がきれいに3線速攻のかたちになる場合では、速攻の決まる確率がかなり違うと考えています。

これは、ディフェンスが一人しか戻れていなければ、2人でも2対1のアウトナンバーとなり速攻からゴールを決める可能性が高いですが、ディフェンスが二人戻っていると2対2になってしまいアウトナンバーとなりません。

ディフェンス側はオフェンスリバウンドに参加しない2人が素早く帰陣するチームが多いので、速攻は3人で攻めたいところです。

もちろん2人のときと同じ速さで3人で走れることがベストですが、なかなか難しいです。したがってそうでないときは、時間が少しかかっても遅れている3人目をボールマンにして、ウイング二人を走らせて3線をきれいにつくりたいです。

この動きがポイントです!

私は高校生の時に、オールコートの3対2を練習で取り組み、この3線の形をつくる練習をしました。味方の立ち位置からどのように動けば、きれいに3人で速攻ができるか理解し、試合でも実践できるようになりました。
練習方法については、後述します。

プレースピードの向上が必須!速攻バスケを向上するためのトレーニング法

ではつぎに、ポイントガードとして、視野の確保や3線をしっかりつくるためのトレーニング方法について説明をします。

実際どういうトレーニングをすればいいの?

私の場合は、オールコートの3対2に取り組むことで、少しずつ上達しました。
練習のやり方としては、ディフェンス側は2人で、コートサイドに3人目のオフェンスを準備し、リバウンドをとったら、ディフェンスをしていた2人とサイドの3人目も入って、3人で逆サイドに攻めます。

シュートが入ったり、リバウンドをディフェンス側がとったら攻守交代です。人数としては、9人いればできる練習です。
ただし、9人でやると休みがほぼない状態になるので、社会人の私たちは12人揃ったときに練習するようにしています。

ポイントとしては、先程説明した視野の確保のためのU字状に動くことと、いかに3人できれいに真ん中、右側、左側と3線をつくるかということです。

先程のポイントを意識して!


一番良いのは、左右の人が前を走っていて、真ん中の人が少し遅れた位置で追いかけているボールマンという形です。

その形ができれば、ボールマンが自分でも仕掛けられますし、ディフェンスの対応をみて、左右にパスもでき、一番オフェンス側が何でもできるからです。私の場合は、サイドの先頭でボールをもらった場合は、真ん中の人にパスをして、自分がどちらかのサイドを駆け上がるようにしています。

とくに「真ん中行って!」など声をかける+パスの誘導で、チームメイトをうまく導いて速攻が決まったときはポイントガード冥利につきるプレイだと思っています。

速攻バスケでの瞬時の判断力向上法

視野の確保や3線の作り方などを向上し、速攻をクリエイトできるようになると同時に、アウトナンバー時にしっかりと得点できるようになることも重要です。

アウトナンバーの攻めが苦手・・・

なんとなくアウトナンバーでも判断に迷ったり、パスをしてディフェンスにパスカットされたり苦手な方もいると思います。

ここでは、私が高校生のときに練習をして劇的に判断力やパスの能力が上がったトレーニング方法を紹介します。

コートはオールコート全体を使った2メンパス(ドリブルなし)になります。

センターサークルと両方のフリースローサークルにディフェンスがそれぞれ入り、ディフェンスはサークル内であれば自由に動いてパスカットをします。
一方オフェンスは、ペイントエリアくらいの幅で、2メンをして、ディフェンス網をかいくぐってレイアップを決めます。
オフェンス側の条件として、ドリブルをしないことと、ディフェンスの頭越しのパスは禁止です。

この練習は良かったです。

私がこの練習を初めてやったときは、1-2ーパス、1ー2ーパスという単調なリズムをしていました。それでもディフェンスはサークル内から外にでないので、パスカットされません。

しかしこの繰り返しでは上達しません。

この練習では、0、1、2のそれぞれのタイミングでパスを出すようにし、2歩目の後はパスをしないようにします。
私はパスフェイクも使いながら、上手くこの2メンパスができるようになると、試合でのアウトナンバー時も落ち着いてディフェンスのタイミングを外してアシストできるようになりました。

まとめ

今回はポイントガードとしてチームのオフェンス力、得点力向上のための速攻について、

  • 視野の確保
  • 3線の作り方
  • アウトナンバー時の判断力向上

などについて説明をし、それぞれトレーニング方法も紹介をしました。

これらのトレーニング方法は私が高校時代に取り組んだ練習の中から、本当に効果が高く実力が飛躍的に向上したものですので、セカンドガードからポイントガードにコンバートをして、スキルアップを目指している選手にもきっと役立つと考えています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました