ポイントガードにコンバート後すぐに役立ったドリブル技術とその練習法!

スキル向上

ポイントガードは他のポジションより圧倒的にドリブルをする機会が多いです。
マグロはエラを通過する海水の酸素を取り入れて呼吸をしているので、泳ぎを止めると息が絶えると言われています。

ポイントガードもドリブルを止めることは、同じようにオフェンスを停滞させてしまいますので、ボールを保持している間はずっとドリブルをつき続けます。

セカンドガードからコンバートした選手にとっては、ドライブするドリブルは得意でも

・トップの位置でキープ
・バックコートからのボール運び
・速攻でのドリブル

などを上達したいと考えられえいるのではないでしょうか
今回は私の経験を元にポイントガードで役立つドリブル練習法などをご紹介します。

 カットされにくいドリブルを身につけて信頼されるポイントガードへ。

PGには安定感を求められる。

監督やコーチによって、また、その選手の特徴やチーム状況によって、同じポイントガードでも求められることは違うこともありますが、チームを勝利に導く上で必要なのが、ミスの少ないプレーではないでしょうか。

バスケットボールはいかにミスを少なくするかが勝利への鍵となりますが、他の選手よりもポイントガードがターンオーバーを頻繁にしてしまうと、

失点数 > 得点数

になりがちですよね。

そのためには、ディフェンスのプレッシャーを受けながらもカットされにくいドリブルを身につけて、チームメイトや監督・コーチから信頼されるポイントガードを理想と考えています。

そこで私の経験からカットされにくいドリブルのために意識したのは、ドリブルをつく位置です。

ドリブルは強くつくことを推奨されることが多いですが、私の場合は、ドリブルする位置をできるだけディフェンスから離すことを意識しました。

そうすることでディフェンスの手が届かないのでカットされることはありません。
当然自分の身体からも離れた位置でドリブルをすることになります。

練習方法としては、単純に身体から離した位置でドリブルをつく、その位置から逆の手に持っていくドリブル練習をしました。そうしたトレーニングを通して徐々にドリブルをできる範囲が広くなるのを実感しました。

ドリブルと反対の手を上手く使おう!おすすめの練習方法も!!

「あっ今日はボールを取られない」

ボールをつく位置をディフェンスから離すと言っても、私の場合は背も低くリーチも長いわけではないので、ワンアームでディフェンスされると、ボールを触られる可能性があります

そんなときに逆の手でうまくディフェンスを抑えることができると全くその心配がないことに気づきました。
しかも時間をかけて、ドリブルスキルを高めることなくカットされにくいので、即使えてオススメです。

私は左手を使うのが相当苦手で、左手のレイアップシュートやドリブルも下手です。ですので、右手でドリブルをするときも逆の左手を上手に使えないし、左手でドリブルをすると単純に下手。

そんな私でも効果を実感できたワークをご紹介します。テニスボールを一つ準備します。そして片手でドリブルをしながら、逆の手でテニスボールを真上に投げてキャッチします。もちろんドリブルは継続。

googleやyoutubeで「テニスボールハンドリング」、「バスケ テニスボールトレーニング」などで調べると色んなパターンの練習が紹介されています。

私がこのトレーニングで感じたのは、テニスボールを扱っている側の手に意識がいって、ドリブルをしている側は意識しなくなり、意外と意識せずにドリブルはできるということでした。

普段ドリブルをしているときは、逆にドリブルをしている側を意識しすぎていて、逆の手はうまく使えていなかったのです。

よくボールを2つ使って両手でドリブルをする練習がありますが、試合でボールを2つ使うシチュエーションがないのと、両手ドリブルの場合、半々の意識になりますが、テニスボールの場合は、8:2くらいの割合で逆の手を意識できるので、私はこちらの方が上達を実感できました。

ポイントガードのための効果的ドリブル練習法

私の高校時代のチームメイトには、めちゃくちゃドリブルが上手い選手がいました。

その選手が教えてくれたコツと練習方法をご紹介します。
まず、コツとしては、手に力を入れすぎず、肩を大きく上下させない。基本が肘から下を使ってドリブルをする感じです。

私の場合は、肩を動かしすぎていたため、モーションが大きく遅くなり、パスやシュートへの移行や相手のディフェンスの反応に対して、素早い対応ができていませんでした。

つぎは練習方法について。

それは、

全力で走りながらコートの端から端までドリブル

なんだそんなこと?と思われるかもしれませんが、一度やってみてください。
全力でというのがミソです

人間は全力で走るとドリブルを含め他のことができなくなります。
その状況でドリブルを上手くできるようになれば、間違いなくスピードを落としたときにはもっと上手くできるようになっています。

1日に5往復くらいでもいいので、ぜひやってみてください。

ポイントガードはいつも冷静に!ミスしないドリブルの習得術も!

ドリブルが例えそこまで上手くなくても、周りの状況をよくみて判断し、焦らなければ、そこまでボールをカットされることはありません。

スティールの数ってどれくらい?

こちらがNBA2023-2024シーズン(途中)の個人スタッツ1位の数字です。
得点やリバウンドに比べてスティールは最も少なく、これはパスカットも含めた数字ですので、ドリブルをカットするのはディフェンス側からみても簡単ではないことが分かります。

2023年12月2日現在

平均得点ジョエル・エンビード32.0pts
平均リバウンドニコラ・ヨキッチ13.2reb
平均アシストタイリース・ハリバートン11.8ast
平均スティールシェイ・ギルジャス・アレクサンダー2.29stl
平均ブロックビクター・ウェンバンヤマ2.72blk
NBA個人スタッツ2023-24シーズン

とはいえ、NBA選手はドリブルが無茶苦茶上手ですので、Bリーグも確認しましょう。

2023年12月2日現在

平均得点河村 勇輝25.6pts
平均リバウンドヴォーディミル・ゲルン11.9reb
平均アシスト岡田 侑大6.0ast
平均スティール阿部 諒2.1stl
平均ブロックアルトゥーラス・グダイティス1.7blk
Bリーグ個人スタッツ2023

こちらも大きな傾向は似ています。
レベルの差はあれど、そう簡単にドリブルはカットされない!と思うことができます。

私も試合中にカットされることもあり、チームとしても個人としても嫌な流れになってしまいましたが、そこで引きずらずに切り替えて、焦らず自信をもってプレーすることで、その試合は上手く勝利できた経験があります。

逆にテンパってしまうとミスを連発してしまうと悪循環になりますので、1回くらいのミスは周りの選手に謝って、切り替えたほうが良いプレーができます。

ポケットドリブルをマスターして間合いをコントロール。

最近意識しているのはポケットドリブルです。
これをやり始めてから、ドリブルがうまくなってアシスト力や判断の正確性がアップした気がします。

ポケットに入れている間は、ディフェンスや味方選手をみて、つぎの最適なプレイを選択する時間が生まれますので、もし状況が変われば選択を変えることができるようになります。

私が練習であった例ですと、味方選手の裏にパスを出そうとしましたが、逆サイドのディフェンスがヘルプに来ているのがみえたので、パスをやめてドリブルを続けました。ポケットドリブルができないと、無理にパスをなげてパスカットされていたか、ボールを持ってしまって苦しくなっていたと思います。

ナイス判断!

逆に控えているのは、フロントチェンジとアンダーレッグです。
よく知られているドリブルの技ですが、ディフェンスの目の前にボールを晒すことになるので、カットされる可能性があります。

もしカットされることが多いと感じていたら、一度フロントチェンジはレッグスルーに、アンダーレッグは控えてみてはどうでしょうか。

まとめ

今回は、

・ポイントガードで意識したいカットされないドリブル
・反対の手の使い方と練習方法
・周りをよく見て焦らないというメンタル面
・ ポケットドリブル

をご紹介しました。

ドリブルがうまくなるとパスやシュートも効果的に使えるようになり、ポイントガードとしてのプレーにも自信を持てるようになります。
ぜひ、頑張って取り組んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました