ポイントガードへのコンバート時に知りたかったボール運びのコツ!!

ポイントガードの役割

ポイントガードへコンバートしたときに、まず難しさを体感するのは、ボール運びではないでしょうか。

チームのオフェンスを円滑に進めるため、また相手のプレッシャーをかいくぐって、自分たちのゴールへ向かうために、ボール運びは非常に重要な要素です。

セカンドガードからポイントガードへコンバートしたときに、

  • ボール運びはやりたくない
  • どんなことを考えてボール運びをすればよいのか
  • 相手のプレッシャーが厳しいとき上手くボールを運べない

など悩みを持っているのではないでしょうか。

みなさんと同じようにセカンドガードからポイントガードへコンバートした私の経験を通して、ボール運びのコツをお伝えします。

ポイントガードへの転向で不可欠!正確かつ効果的なボール運びの基本原則

チームの事情からポイントガードもすることになったのは高校時代です。正PGの選手以外にいなかったということで取り組み始めたポイントガードは、その後のバスケットボール人生において、大きな分岐点となりました。

まず最初に気づいたのは、正確で効果的なボール運びをすることがポイントガードにとって必要不可欠であることでした。

ドリブルがあまり得意でなかった私にとっては、ボールを保持する時間が長いことは、ストレスでした。
自分がミスをしたりスティールされて相手の得点につながることを恐れていました。

そんな中で、1対1でドリブルをついていれば、そう簡単にスティールされないことを理解し、自信を持って自分のペースでプレーすることでボール運びをできるようになりました。

失敗しないために!初心者ポイントガードが知るべきボール運びの注意点

ミスが怖い!

高校生のときには、ミスをすると顧問の先生に怒られることもあり、消極的なプレーをしてしまうこともありましたが、今では練習や練習試合ではボール運びを含めてミスをおそれずアグレッシブにプレーし、その上でミスをしたときは、どのようにすればミスを防げたのか考え、つぎに活かすことが重要と考えるようになりました。

ミスを恐れて消極的なプレーばかりでは、成長できないと思っています。
とはいえ、ミスを少なくすることは非常に重要です。

ボール運びでミスを減らすために、まず大切なのは、視野を広く保つことです。私は最初、ボールにばかり意識がいってしまい、コート全体の流れを見失っていました。
正PGからのアドバイスを受け、コート全体を見渡す習慣を身につけることで、プレーの幅が格段に広がりました。

そして、ミスが起きたときに必要以上に自分を責めず、むしろ「次はどうすればいいか」を考えることが成長の鍵でした。失敗を経験することで成長につながります。これを理解することで、ボールを持つたびに新たなチャレンジを楽しむことができました。

ボール運びについて3つの状況について、それぞれ説明をします。

  • 速攻を狙うとき
  • しっかりとハーフコートオフェンスをするとき
  • プレスなどディフェンスのプレッシャーが激しいとき

まずは、速攻を狙うときのボール運びについてです。

速攻時のボール運び

とにかく重要なことは、バックコートからフロントコートの全体まで見渡すことです。

視野の確保が重要なんですね

とくに、味方がリバウンドをとったときや、相手が得点した後のスローイン時には、パスを受ける前にコート全体を見渡して、コート内の他の9人の状況を把握することが重要です。

そこでパスを受ける前に見えているのか、受けてから確認するのかの少しの差で、ノーマークの味方にアシストできるかどうか、またボールを受けたあと急にディフェンスのプレッシャーがきてミスをするかしないかなど大きく変わります。

一瞬でも首を振って周りをみると関節視野で状況を把握でき、良いプレーに繋げられます。
私の場合は、首を振るというより、ボールに向かって戻り、Uターンをするようにしてボールをもらうようにしていました。


早く前に行きたい気持ちはありますが、ボールに向かうことで、出しても出しやすく、自分自身も首を振るのではなく体が自然に、前を向けるのでつぎのプレイが非常にしやすいです

ぜひ試してみてください。

ハーフコートオフェンスをする際のボール運び

フロントコートに入るときには何を意識している?

2つ目はしっかりとハーフコートオフェンスをする際のボール運びについて、意識していることをお伝えします。


まずフロントコートに入る前に、味方4人のポジショニングを確認します。

そこでコートバランスが悪い場合は、声をかけて選手を動かしコートバランスを良くします。
どのようなバランスが良いかはチームによって変わりますが、私の場合は、3アウト2インでやることが多かったので、右サイドにアウトサイドの選手とインサイドの選手が一人ずつ、逆サイドも同様になるように指示していました。

もちろん、1対1で優位にたてるマッチアップがあれば、アイソレーションするようなポジショニングを指示することもあります。

あとは、インサイドの選手がオフェンスに参加するのが遅れることもあります。
そういうときは、遅れている選手をフロントコートに誘導するとともに、他の選手が動きすぎないように指示します。

バランスが悪い時は、遅れている選手がどこに行くか予想しながら他の選手に指示してポジションを修正します
オフェンスは5人揃ってスタートしたいから、そのための指示です。

スタートがばらばらだとその後のオフェンスも必ずばらばらになります。バランスを上手く取る選手がいれば、何とかなりますが、私の場合には4人ともそういう選手だった経験はありません。

プレッシャーの中でも冷静に!ポイントガードのためのストレスフリーなボール運びの秘訣

プレシャーが厳しいときの対応を教えて

最後は、一番の悩みとなりがちな相手選手がプレッシャーを掛けてきた場合のボール運びについて説明をします。

一番はじめにすることは、相手ディフェンスのシステムを把握することです。

  • マンツーマンなのか、ゾーンプレスなのか
  • どこからプレッシャをかけてくるのか
  • どの位置でダブルチームをしてくるのか、オールコート、3クオーター、ハーフコート

相手を分析することで、その狙いの裏をかくことで、自分たちのペースで試合をすることができます。
あせってボールを運ぶとダブルチームの餌食になりますので、少し冷静に観察をしたいです。

もし相手がゾーンプレスであれば、ドリブルでボール運びをするとダブルチームにかかりパスカットされる可能性が高まります。逆にドリブルをしなければ、ダブルチームされることもなくパスカットされることもありません。

私のチームでうまく言ったやり方は、ポイントガードがボールマン、その横にセカンドガード(どこも出しどころがなければ、受けられる位置)で逆サイドのセンターがフラッシュで受ける。
センターに入れば、ボールは運べたも同然です。
そこから左右のウイングなどどこにでもパスを出せます。
ですので、事前にチームでの共有が必須になります。


短時間でもよいので共有理解をしていればゾーンプレスも怖くありません。

マンツーマンの場合は、フロントコートに入ってすぐのコフィンコーナーでダブルチームを仕掛けてくる場合が多いです。

高二のときに、ポイントガードをうまくコフィンコーナーに誘導して、後ろからダブルチームをされてターンオーバーを連発して苦戦したことがあります。

今までで一番悔しい試合です

結局その試合は負けてしまい、相手チームは次の試合でも私たちにやったようにダブルチームが成功していました。

そのときやられていたチームは全国屈指の強豪校だったので、驚いたのを覚えています。それくらい相手チームのディフェンスは練度が高かったのです。

今の私の場合、ガードにダブルチームを仕掛けられるときにはインサイドの選手に運んでもらうこともします
ハーフコートに入った後にスムースに攻撃するためには自分で運ぶのが理想ですが、柔軟に対応することも選択肢に入れたいです。

進化し続けるプレイ!ポイントガードが使える簡単なボール運びのテクニック

まずはこれをやってみて

ボール運びに苦手意識がある方にぜひやってほしいのが、スキップしながらのドリブルです。
、私もyoutubeで知ったので、すぐに練習でやってみたところ、簡単なのに効果的でびっくりしました。

本当にスキップするだけで、相手ディフェンスがプレッシャーをかけられなくなりました。

ディフェンス側からすると、いつボールマンがスピードアップするのかと待ち構えるような感じで、プレッシャーにきません。

左右どちらでもできるようにしておけば、ひとまずボール運びができます

まとめ

今回は、セカンドガードからポイントガードにコンバートしたときに悩みがちなボール運びについて、

  • ボール運びの基本原則
  • 気をつけたいボール運びの注意点
  • プレッシャー時のボール運びの秘訣
  • すぐに使える簡単なボール運びテクニック

を私の経験を元にご紹介しました。しっかりとしたボール運びができないとバスケットボールのゲームにならず苦戦します。

今回ご紹介した内容で少しでもボール運びのコツを掴んでもらって、ポイントガードとしてのプレイに自信を持ってもらえると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました